この時期アトピーで悩む方が控えた方が良い食材

アトピー性皮膚炎を持つ人にとって、食生活は非常に重要です。

食べるものによって、皮膚に大きな影響を与えます

 

 

 

 

医食同源といわれますが、中医学では食べ物自体も漢方薬と

同様に薬効を持つと考えます

 

 

特にこの時期には、以下の食材を避けることが推奨されます。

まず、エビやカニなどの甲殻類です。

 

 

 

これらは体を温める食材とされており、アトピーの炎症を悪化させることがあります。

次に、牛肉や羊肉などの赤身の肉も避けた方が良いでしょう。

 

これらの肉類は消化に時間がかかり、胃腸に負担をかけることがあります。

消化機能が低下すると、体内に「湿 しつ」が溜まりやすくなり、

アトピーの症状を悪化させることがあります。

 

 

特に黄色い滲出液が出てしまうタイプの方は避けた方が良いでしょう

また、魚介類の刺身も避けるべきです。

 

特に新鮮な刺身は体を冷やし、消化機能を低下させる可能性があります。

アトピー性皮膚炎の人にとって、冷えは症状を悪化させる一因となります。

特に患部が黒い色をしている方は避けた方が良い食材です

 

さらに、加工食品や添加物が多く含まれる食品も避けることが重要です。

 

これらの食品には、防腐剤や着色料などが含まれており、これがアトピーの症状を引き起こすことがあります。

最後に、過度の糖分摂取も控えるべきです。

 

糖分は炎症を引き起こしやすく、アトピーの症状を悪化させる可能性があります。

甘いお菓子やジュースなどは控えめにし、自然な糖分を含む果物を適量摂取することをお勧めします。

 

 

アトピー性皮膚炎の管理には、食生活の見直しが不可欠です。

栄養学的な観点だけではなく東洋医学的な観点でもアドバイスさせて

いただきます。

適切な食事と生活習慣を心掛け、健康な毎日を送りましょう。