アトピーを悪化させるのはストレス?タイプ別 漢方での対策

アトピー性皮膚炎はアレルギー疾患の一つです。

遺伝要素・環境要素が原因で発症しますが、

心理的なストレスでもアトピーを発症するケースも増えています。

ストレスを感じることでかゆみが強くなり、皮膚をかいて悪化してしまうこともあります。

 

 

ストレスをでは感じやすい人とは、どういった人なのでしょうか。

特に

完璧主義者、深く考える人、感受性が強い人

ストレスを溜めやすく、アトピーの症状を悪化させるリスクが高いとされています。

 

完璧主義者タイプ

完璧主義者は、、自分に対して過度なプレッシャーをかけがちです。

アトピーの治療においても「完全に治す」という強い意志があるため、

少しでも症状が悪化すると強いストレスを感じてしまいます。

自分の努力を自分自身が承認して、自分を追い込みすぎない事が大切です

漢方薬ではこのタイプの方は

「血を増やしメンタルを整える漢方薬」が適しています。

 

 

深く考えすぎるタイプ

深く考える人は、

考えすぎるが故にまだ実際に起こっていない事にまで

心配が及び、不安を感じやすいです。

物事を悲観的に捉えてしまうこともあるため、

良い出来事があってもその中からマイナスの要素を見つけ出してしまうこともあります。

これは思考か深すぎるが故の副作用と言っても良いかもしれません

この結果、ストレスが蓄積し、アトピーの症状が悪化することがあります。

ポジティブな視点を持ち、「まぁいいか なるようになるか」と考えすぎずに

リラックスする事をお勧めします

このタイプには

「気持ちをリラックスさせて体の気の巡りをよくする漢方薬」がお勧めです

 

 

感受性が強いタイプ

感受性が強い人は、他人の気持ちを優先しがちで、

自分の感情を抑え込む傾向があります。

このため、知らず知らずのうちにストレスを溜め込み、

アトピーの症状を悪化させることがあります。

一言で言うと我慢しすぎタイプです

相手の気持ちを優先ばかりせずに、自分の感情を出しても大丈夫ですよ。

このタイプの方には

「気を下に下げて、相手の感情を感じ取りすぎないようにする漢方」

がお勧めです。

 

 

ストレスとアトピーの関係を理解し、

体に合った漢方を服用することで、

アトピーの症状を緩和することができます。

 

漢方の知恵を活用し、心身のバランスを整えることで、

ストレスを上手に管理し、健康的な肌を取り戻しましょう