アトピーを改善させる食事の取り方

アトピーを改善させる食事の取り方

アトピー性皮膚炎の改善には、食事の見直しが重要です。以下に、アトピーを改善するための具体的な食事の取り方をご紹介します。

1. 良質なたんぱく質を摂取する

アトピー患者にとって、皮膚の修復や再生には良質なたんぱく質が不可欠です。牛肉、豚肉、鶏肉、魚肉、牛乳、ヨーグルト、納豆、チーズなどが推奨されます。これらの食品をバランスよく取り入れ、たんぱく質を豊富に含む食事を心がけましょう。

2. 食物繊維を積極的に摂る

腸内環境を整えることは、アトピーの改善に役立ちます。野菜や海藻類など、食物繊維を多く含む食品を意識して摂取しましょう。腸内の善玉菌を増やし、腸内フローラを健康に保つことで、全身の免疫バランスが整います。

3. リノール酸の摂取を控え、α-リノレン酸を摂る

リノール酸は炎症を引き起こすプロスタグランディンの生成を促進するため、過剰な摂取はアトピーの悪化を招きます。リノール酸を多く含むコーン油や紅花油、マーガリン、マヨネーズなどは控えましょう。一方、α-リノレン酸は炎症を抑える効果があるため、積極的に摂取することが推奨されます。えごま油やしそ油、アマニ油が良い選択肢です。

4. DHA・EPAの摂取

青魚に多く含まれるDHA・EPAも、炎症を抑える効果があります。サバ、イワシ、サンマなどを積極的に食事に取り入れることで、アトピーの症状を軽減することが期待されます。

5. 過剰な糖分摂取を避ける

砂糖やお菓子類は、体内の炎症を悪化させる可能性があるため、控えることが望ましいです。甘いものはなるべく避け、必要な糖分は果物などの自然食品から摂るように心がけましょう。

これらのポイントを踏まえた食事法を実践することで、アトピーの改善に寄与することができます。日々の食事を見直し、バランスの取れた栄養摂取を心がけることが大切です。