40代から始める!体質別ダイエット漢方薬ガイド

ダイエット漢方に興味のある皆さん

こんにちは

ダイエット漢方薬を効果的に使うコツは

 

体質に合わせて使い分ける事

 

今回は5つの体質別漢方をご紹介します

 

1. 食欲が旺盛すぎるタイプの漢方薬

 

このタイプの方は

中医学で「胃熱(いねつ)」と呼ばれ、

胃腸に熱がこもっている状態です。

 

食べてもお腹がいっぱいにならないことが特徴で、

便通が悪いことが多いです。

このタイプには、

「便通をよくしながら、胃腸の熱を外に出す」

漢方薬がおすすめです。

 

 

 

2. 甘いものがやめられないタイプの漢方薬

ダイエット中に甘いものが欲しくなるのは、

ストレス過多や胃腸のパワー不足が原因です。

 

中医学では、過度な甘いものは「痰湿(たんしつ)」を作り出し、

脂肪やメンタルの低下に関与するとされています。

甘いものに依存している方は、

老廃物を外に出すタイプの漢方薬がおすすめです。

 

 

3. お酒が好きなタイプの漢方薬

お酒を飲む方は味の濃いおつまみを一緒に食べがちで、これが太る原因になります。

このタイプは「痰湿(たんしつ)」が体に溜まりやすく、体が重い、梅雨時にメンタルが不調、喉が乾くけど水を飲みたくないなどの症状が見られます。

痰湿を壊して外に出す漢方薬がおすすめです。

 

4. 食べてないのに痩せないタイプの漢方薬

中医学では「肥人多虚(ひじんたきょ)」、

つまり太っている人は胃腸が虚弱なタイプが多いと考えます。

このタイプは疲れやすい、むくみやすい、

甘いものや炭水化物が大好きなどの症状があり、胃腸の調子を整えてむくみを改善する漢方薬が適しています。

 

 

5. 体が冷えて痩せないタイプの漢方薬

このタイプは「代謝が悪いタイプ」とも言え、

色白で太っている、顔色が白い、動くとすぐに疲れる、

運動する気力がないなどの特徴があります。

体の芯を温め、燃焼力をサポートする漢方薬がおすすめです。

 

 

 

ダイエット相談のご案内

当店にはダイエット相談に強い相談員が在籍しております。

体質に合った漢方薬で健康的なダイエットをサポートいたします。お気軽にご相談ください。

各漢方薬の効果を実感するためには、体質に合ったものを選ぶことが重要です。