40代の妊娠力をサポートする漢方の力

 

40代になると妊娠力がどうなるか気になりますよね

一般的に知られていますが、

漢方薬は低下しがちな妊娠力のサポートにとても良い働きをします。

 

 

特に、本場中国では現代医学と伝統的な漢方の知見を融合させた

独自のアプローチが注目されています。

 

詳しくご紹介します。

 

妊娠する力をサポートする方法

女性の生殖機能において「腎」の役割が重要であると強調しています。

 

 

腎とは現代医学の腎臓とは異なり

生殖能力の根本と密接に関わっているとされており、

妊娠の成功には腎の健康が不可欠だと考えられています。

 

 

本場の妊娠力のサポート方法は、腎の強化を中心に据えたものです

これは、腎を補うことで女性の生理周期や妊娠、

出産、産後の回復を支えることを目的としています。

 

 

子宮卵巣の妊娠力、食べ物の消化吸収力のサポート、血を増やすサポート

の3種類を調整することで全身のバランスを取る治療法です。

 

特に、腎は女性の生理周期を支えるという理論に基づいています。

 

東洋医学の視点からの治療

 

まず子宮卵巣の妊娠力を補うことで全体的な体力を向上させ、

妊娠しやすい体質を作ることを目指します。

 

 

さらに、月経周期に合わせた漢方薬の調節を行い、

周期ごとに必要な漢方薬をお出しします。

例えば、月経期には血の巡りを良くする漢方薬を使い、

低温期には卵胞の育ちをサポートする漢方薬を服用するといった具合です。

 

 

妊娠力を高めるためには単に腎を補うだけでなく、

全身のバランスを考慮することが重要であると述べています。

 

 

これには、適切な食事、生活習慣の改善、そして精神的なケアも含まれます。

 

特に、ストレスは妊娠力に大きな影響を与えるため、

リラクゼーションや心のケアも大切です。

 

実践的なアドバイス

当店で実際に治療を受けた患者の中には、

 

40代でも無事に妊娠・出産を果たしたケースが多くいらっしゃいます

生理のある限り妊娠を諦めないでください

 

ぜひご相談お待ちしております